Leap Motionが届いた

このエントリーをはてなブックマークに追加

Leap Motionを買ってみた。
多分1年ちょっと前に指先を1/100ミリ単位で捉える3Dモーション入力機器 LEAP、70ドルで予約受付開始 (動画)などの記事を見て、コンセプト動画なのか実動画像なのか知らないけど、すごいなーと思って放置してたけど、今週けっこう話題になってて、記事とか読んでたらいつの間にかポチってた感じ。

ハード的には、劣化版Kinect?とかも思ったけど、対象距離が近距離なKinect for Windowsは少しお高いし、設置の制約あるし、とか思ってとりあえず今回はこっち。 KinectはごくたまにXboxで遊んだりと、なかなか好きなデバイス。

Leap Motionって何?とかどんなことできるの?とかについては下の動画見れば大体分かる。

届くまで

実は、いいなーと思いつつも購入をためらっていたけど、偶然[BetterTouchTool]()のアップデートが走ってリリース文章見ていたら、Leap Motionの文字があって、「おっ!」と思いそのまま買ってしまった感じ。 今見たら、紹介ブログがあった。 元々愛用しているツールだけど、こういう早くて先進的な対応は好感度上がる。 OSもアプリもわりとリリース文には目を通している(利用者目線でも開発目線でも読んでいるとけっこう有用に思う)けど、良いきっかけになってよかった。

この購入サイトで購入。 PayPal決済でトータル1万円弱。カード決済用のトータル表示より安かったような(見間違えかも)。

入荷や発送の関係でしばらく待つかなーと思っていたら、翌朝発送しましたメールが来てびっくり。 FedExという郵送会社だった。 たまに海外購入はするけど、多分初めての利用。 翌々日に届くとのこと。お早い。

というわけで、一昨日の晩に頼んだLeap Motionが到着。

簡単なレビュー

詳細なレビューとかはすでにけっこうあるので、下記参照。

開封まで

シンプルな箱。

leap1

本体とUSBケーブルとしょぼい冊子だけ。

leap2

ガムくらいの大きさ。

leap3

セットアップ

マニュアル無いから適当にググったら、このセットアップサイトでドライバ&アプリをインストールするとのこと。(あとで見たらボール紙みたいなものにそのURL書いてあったけど)

そこにたどり着けばすごく簡単で、ぽちぽちっと適当にインストールしてチュートリアルで試用する感じ。

どうやって使おう

とりあえずBetterTouchToolと組み合わせて、良い感じに普段使い出来ないか試してみてるところ。 人差し指をクルクルすると、音量上げ下げしたり、手を叩くとスリープするようにしたりして、意外と実用的に使えそう。

↓YouTubeにアップしてみた。

セッティングはMagic Trackpadのジェスチャー登録するような感じでとても簡単。若干認識が微妙だけど、ハードウェア性能とソフトウェアとどっちのせいかは不明。現状でもそんなに悪くないし、今後のソフトウェア改良に期待は持てる感じはしてる。

あと、アプリストア「Airspace」とかのアプリで遊んでみようとも思うけど、ゲーム系はすぐ飽きちゃいそう…(´-ω-`)

というわけでまだあまり弄れてないけど、これから色々遊んでみたり、開発にも手を出していきたいなと思ったり。

開発リソースはけっこう整っている感。 これ系の開発は結構前にカメラ + OpenCVを少しやった程度だったりして、個人的にはけっこう苦労しそうだけど(´-ω-`)

Windows 8を操作しているデモ動画

なかなか操作の相性が良さそう。動画を見ただけだと実はタッチよりも快適?とか思ったり。

Google Earthを操作する様子

しばらく遊べそうなおもちゃが手に入ってとても嬉しい(´-ω-`)

とりあえず、直近の悩みは明日会社に持って行って、積極的に披露するか、色々ジェスチャーして気づかれるのを待つか(あるいは頭がおかしくなったと思われるか)どうしよう(´-ω-`)